Adobe Photoshopでテキストをエモいスプレーブラシ風にする方法を解説!

DESIGN

こんにちは!

デザイナーの原です。

 

 

「テキストをエモくしたい!」そんな紳士淑女の皆さんに朗報です。

 

その加工、Photoshopで再現できます!

 

今回は、そんなテキストをスプレーブラシ風ノイズに加工する方法を伝授します。

 

レイヤーの設定を変換

加工したテキストが準備できたら、まずはテキストのレイヤーパネルを右クリックして「スマートオブジェクト」に変換します。

そうしたら次にテキストレイヤーの描画モードを「ディザ合成」に設定してください。

少し縁がギザギザになったかと思います。

ここまできたらもう絵もくなる一歩手前です!

 

ぼかしフィルターを適用

次に上部ツールバーの「フィルター」から「ぼかしギャラリー」を選択してください。

この時のぼかし方はお好みのぼかしを選択してください!

今回は「虹彩絞りぼかし」を選択しました。

それでは適用させてみましょう。

 

 

ブラシでディティールを追加

次にブラシツールでディティールを追加します。

まずは、背景色を黒に設定し、マスクを選択してペイントしましょう。

今回はブラシの設定は以下にしました。

 

⚫︎ソフト円ブラシ

⚫︎直径:200px

⚫︎硬さ:0%

⚫︎モード通常

⚫︎不透明度:15%

 

このようにすると、ブラシで任意の場所をぼかすことができます。

 

 

 

エッジを柔らかくする 手順1/2

このままではエッジが立ちすぎているので柔らかくしてあげましょう。

もう一度、レイヤーを「スマートオブジェクトを変換」したらレイヤーの描画モードタブを「通常」に戻しましょう。

 

 

 

エッジを柔らかくする 手順2/2

次に、メニューバーの「フィルター」から「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」を選択しましょう。

 

「ぼかし(ガウス)」ダイアログで、半径を0.5pxほどに設定すればエッジがボケ、少し柔らかい印象になります!

 

 

 

完成

以上で今回のスプレーブラシ風加工の解説は以上です!

 

 

 

いかがでしたか?トレンドのデザインを再現するときなどによく使えるのでみなさんも今回の記事を真似してみてください!

最後までご拝読ありがとうございました!


NEXTGATE LiSMOtechでは中小企業を中心にブランディング・WEBマーケティングを活用したWEB戦略を提供しています。

企業課題・問題に関するご相談、WEBサイト制作やグラフィックデザイン制作のクリエイティブに関するご相談やご質問、お見積りなどお気軽にお問い合わせください。

お得な情報がLINEに届く!!

LINE公式アカウントはこちらから。

友だち追加

最新記事

CONTACT

NEXTGATE LiSMOtechでは中小企業を中心にブランディング・WEBマーケティングを活用したWEB戦略を提供しています。
企業課題・問題に関するご相談、WEBサイト制作やグラフィックデザイン制作のクリエイティブに関するご相談やご質問、お見積りなどお気軽にお問い合わせください。

平日10:00〜19:00

お電話の場合こちらから

043-305-4162

平日10:00〜19:00