-NEXTGATE LiSMOtech- Lead (I)People SMall Optimal technology

Homebrewを使ってローカル環境にRuby On Railsの開発環境を構築する(Mac)

Ruby On Rails

こんにちは!

LiSMOtechの久津間です。

 

今回はHomebrewを利用してローカル環境にRuby On Rails環境構築を行いました。
ネットを探せば色々と情報が出ているので、環境構築に苦しむことはないと思いますが、備忘録としては残しておきます。
それでは早速、構築方法を見ていきましょう。

 

Homebrewとは?

Homebrewとはパッケージマネージャーになります。

ソフトウェアの導入を単純化することができ、実行ファイルや設定ファイル、ライブラリ等を一つのファイルとしてまとめたパッケージを一元で管理してくれるものです。

調べた限り、パッケージ管理には、以下の2パターンがあるみたいです。詳細は割愛しますが、気になった方は是非深掘りしてみてください。

  1. バイナリを取得する
  2. ソースコードを取得してビルドする

 

Homebrewのインストール

先ずはターミナルを開き、Homebrewのインストールから行います。

公式サイトに記載されているインストールのコマンドを実行し、Homebrewをインストールします。

 

次にインストールがされているか確認します。

$ brew -v Homebrew
2.5.11-129-g570edcc 
Homebrew/homebrew-core (git revision 6b215; last commit 2020-11-21)
Homebrew/homebrew-cask (git revision 1874d; last commit 2020-11-21)

また、こちらのコマンドを使うことで、Homebrewが正常にインストールできたかも確認することができます。エラーが出ていないことを確認しましょう。

$ brew doctor

 

インストールが確認できたら、Homebrewを最新状態にアップデートします。

$ brew update

 

ここでHomebrewの導入は完了となります。

 

 

Ruby On Railsの環境構築

 

rbenvとは?

rbenvの読み方は「アールビーエンブ」です。多分。。。

rbenvを利用することによって複数のRubyのバージョンを管理することが可能となります。

プロジェクトごとにRubyのバージョンを指定して使うことが可能となるので、とっても便利です!

正直、インストールしない選択肢が分からないので、とりあえずインストールしちゃいましょう。

ruby-buildとは?

ruby-buildはrbenvのプラグインになります。

rbenv installというRubyのバージョンをインストールするコマンドを提供しています。

つまり、Rubyのバージョンごとに異なるディレクトリにビルドするためのツールと思ってもらって問題ないかと。

rbenvをインストールする際に、セットでインストールすることになります。

 

rbenvとruby-buildの導入

先ずはrbenvとruby-buildのインストールを行います。
既にインストールがされているか、確認するためには以下のコマンドで確認可能です。

$ rbenv -v

インストールされていなければ、以下のコマンドでインストールを実行します。

$ brew install rbenv ruby-build

もし、インストールされていれば、以下のコマンドでアップデートしましょう。

$ brew upgrade rbenv ruby-build

初期設定を行います。

$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

sourceコマンドでファイルに記載した内容を反映させます。

$ source ~/.bash_profile

 

Rubyのインストール

rbenvからインストール可能なRubyの一覧を表示します。

$ rbenv install --list

 

ごちゃごちゃと色々なバージョンやら何やら表示されますが、ここでは、2.6.5のRubyをインストールしていきます。

$ rbenv install 2.6.5

新しいバージョンのRubyのインストール後、以下のコマンドを実行します。

※rbenvに認識されているRubyの実行ファイルのshimsをインストールするらしい。

$ rbenv rehash

システム全体で使うRubyのバージョンを指定(設定)するために、以下のコマンドを実行します。

$rbenv global 2.6.5

 

以下のコマンドを実行し、インストールしたRubyのバージョンに*が表示され、設定されていることを確認します。

$ rbenv versions
 * 2.6.5

Rubyのバージョンは以下のコマンドでも確認可能です。

$ ruby -v

 

bundlerの導入、bundlerとは?

bundlerは、gemのバージョンやgemの依存関係を管理してくれる、rubyのライブラリ(gem)です。

bundlerを使うことで、複数人で開発をしたり、gemのバージョンが上がってもエラーを起こさずに開発することが可能となります。

互換性を保ちながらgemを導入、利用することができる便利なモノと認識しておけばとりあえずOKです。

gemをインストールする際は基本的にはbundler経由でインストールすることになります。

 

bundlerのインストール

先ずはbundlerがインストールされているか確認します。

$ bundle -v

 

インストールされているのであれば、以下のコマンドでアップデートしましょう。

$ gem update bundler

 

インストールがされていなければ、以下のコマンドでインストールします。

$ gem install bundler

 

 

MySQLのインストール

MySQLはオープンソースのリレーショナルデータベース管理システムです。

詳細は割愛しますが、この他にもデータベースの選択肢はありますが、ここではMySQLを利用してRuby On Ralisの環境を構築していきます。

 

以下のコマンドでmysql関連の利用できるパッケージを確認できます。

$ brew search mysql
$ brew search mysqlmysql: stable 8.0.22 (bottled) Open source relational database management system https://dev.mysql.com/doc/refman/8.0/en/
(中略)

上記を見る限りですとバージョンを指定しないでmysqlをインストールした際は8.0のバージョンがインストールされるっぽいですね。

特に指定や要件もないし、面倒なので、そのままインストールします。

$ brew install mysql

インストール完了後、表示されるメッセージに何をすればいいのか案内の文が表示されます。

必要に応じてノートにメモっておきましょう。

僕の場合は以下のような案内文が表示されました。

==> mysql
We’ve installed your MySQL database without a root password. To secure it run:
mysql_secure_installation

MySQL is configured to only allow connections from localhost by default

To connect run:
mysql -uroot

To have launchd start mysql now and restart at login:
brew services start mysql
Or, if you don’t want/need a background service you can just run:
mysql.server start

以下のコマンドでバージョンを確認します。

$ mysql --version
mysql Ver 8.0.22 for osx10.16 on x86_64 (Homebrew)

無事に8.0がインストールされました。

続いてMySQLを起動してみます。

$ mysql.server start

Starting MySQL
.. SUCCESS!

起動が確認できたら、接続も確認してみましょう!

$ mysql -uroot

 

Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 8
Server version: 8.0.22 Homebrew

Copyright (c) 2000, 2020, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type ‘help;’ or ‘\h’ for help. Type ‘\c’ to clear the current input statement.

mysql>

 

上記のようにログインができましたでしょうか?

接続を切る場合は「exit」と入力し、エンターを押してください。

ここまでで、データベース「MySQL」のインストールは完了となります。

因みに、以下のコマンドでデータベースを止めることができます。

$ mysql.server stop

 

 Railsのインストール

さてここまで来たら、もう少しです!

先ずはRailsをインストールし開発をする作業ディレクトリを作成します。

$ mkdir ~/work
$ cd ~/work

 

Rubyのバージョンを指定します。(今後、バージョンを切り替えすることを考慮しています。)

作業ディレクトリに.ruby-versionファイルが作成されます。

$ rbenv local 2.6.5

 

Gemfileを作成します。

$ bundle init

 

適当なテキストエディターやviコマンドなどを使って、「Gemfile」の最終行の「#gem “rails”」を「gem “rails”」として、コメントアウトを削除します。

 

続いて、Railsをインストールします。

$ bundle install --path=vendor/bundle

 

インストールが完了したらRailsのバージョンを確認しましょう。

$ bundle exec rails -v
Rails 6.0.3.4

 

Railsアプリを作成します。

(結構時間かかると思われます。お茶でもして気長に待ちましょう。)

$ bundle exec rails new アプリ名

 

Webサーバーを起動します。

$ rails server 

 

で、完了の予定でしたが、以下のようなメッセージが・・・

Webpacker configuration file not found…

Please run rails webpacker:install

ふむふむ。。。

何やらお願いされておりますね。。。

Webpackerの詳細はここでは省略しますが、モダンなフロントエンド開発をサポートしてくれるRails用のgemです。

html、CSSやJavaScript、画像などを1つのファイルとしてまとめることができるモジュールバンドラー(部品の集まりみたいなもの)で、node.js(サーバーサイドのjavascript)のモジュールの1つで、ざっくり記載すると、まとまっていることでサーバーからユーザーへの通信が素早くなります!

詳しくは「Webpack」のキーワードで調べてみてください。

とりあえず、上で表示されたメッセージのとおり、コマンドをたたきます。

$ rails webpacker:install

さて、気を取り直してサーバーを起動します。

$ rails server 

 

以下のURLをブラウザに入力してみましょう!

http://localhost:3000/

 

以上で、環境構築は終わりです!

ここからはRuby On Railsの開発に入っていきます。

お疲れ様でした!!!

 

 

関連記事

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

平日10:00〜19:00

お電話の場合こちらから

043-305-4162

平日10:00〜19:00